名刺の重要性は変わらない

私達は誰もが特定の会社に属しているわけではないかもしれません。個人経営を行っている方もいれば、そのほかの勤務体系を採っている方もおられるかもしれません。私達はそういった中で自分たちの存在というものをどうにかして確立することによって、自分の仕事に関しても確立していくのと同時に、より多くの人に知って貰おうとします。それはネット上で自分を広めることよりも、何段も難易度が高いことかもしれません。

名刺なぜならそれは、確実に私達自身の名前と立場を用いているものであり、基本的に「偽る」ことのできるネット上のプロフィールとは異なったものだからです。仕事上における、『関係』の作り方は、ネットで作るそれよりも難しいもので、先ほど挙げたように信用を得るのは難しく失うのは簡単なのです。ですから、より自分に関しても、自分の仕事に関しても信頼を持ってもらうように努力する必要があり、そのために私達は名刺という最初の第一歩を踏み出すことが求められています

ネット社会だからこそ、私達の周りとの関係性が掴みかねる時があるかもしれません。このような社会の中であっても、本当の意味で信頼が求められる場面においてはしっかり対応できるようになりたいものです。

 

デジタル化する現代において名刺が生き続ける理由

猫も杓子もデジタル化を叫ぶ現代、不思議なことに、名刺はいつまで経っても無くなりません。勿論、スマートフォンで撮影しデータ化するなど、その周辺でデジタル化の一端を垣間見る機会は確かにあります。ですが、そのものが消え去る気配は一向に感じません。寧ろ、やれ飛び込み営業だ、やれ挨拶周りだ、と、その存在を忘れる日は無いほどです。

今や書籍までもが一つの電子機器の中に詰まっている時代、何故その勢力は衰えないのでしょうか。デジタルでは生み出すことのできない魅力、それはとにかく相手に渡すことができるという一面です。自分を覚えてもらう、思い出してもらうという目的を持っている以上、そのアナログさは最大の武器になります。

小さな四角いたった1枚の紙に、自分という人間が詰まっているのですから。いつの時代も、人間の記憶とは曖昧なものです。しかし、何気ない1枚が出会いを、人を思い出させ、新たなチャンスが生まれるというのは、そう珍しい話ではありません。それだけ無限に秘めた可能性が、まだデジタルに脅かされることのない領域を保っているのではないでしょうか。

今日まで、長年ありとあらゆる場面で用いられてきた名刺。見た目然り、内容然り、昨今の多種多様さには驚くばかりですが、こんなものは恐らく序の口なのでしょう。ワクワクするほどの成長の余地。今後もまだまだ、ビジネスと切り離すことはできそうもないツールです。

 

名刺はなにをつかうのか。

名刺と聞くと自己紹介の時に使う単なる紙切れだと思う方が多いと思いますが、直接会って顔を合わせる場面での名刺と言えばとても大切になってくるのだ。なぜなら最近の日本は学歴がだんだんと関係なくなりつつなっているからだ。何でもありな時代だからである。そんなときに使えるものこそが名刺。なぜならデザインや髪質などで自分を表現することも不可能ではないからだ。

実際に名刺にインパクトを与えるようなものがあるとほとんどの可能性で名前を覚えてもらうことも可能である。うまく行けば面白いというだけで就職の内定をもらうことだってあるのである。

実際に社会の場でもらう名刺でも有名人やモデルは自分なりに考えた名刺を持っている人が多いし、実際に自分も雑誌などに一時期バンバン出ていたトップモデルから名刺をいただいたことがあるがギラギラしたピンクの名刺だったことを覚えている。そう考えれば名刺も自分を尊重するための武器になるのだ。それを覚えておくとよいと思う。

最低限記載すること

男性名刺を作成する時は、最低限情報として記載されている必要がある事柄があります。たとえば、『氏名』や『社名』、『(会社の)住所』、『所属部署』などは最低限記載されている必要がある事柄です。他の要項に関しては、必要に応じて挿入できます。名刺がどのようにして作られるかにもよりますが、私達はそれらを単なるプロフィールを表明するような機会ではなくもっと大事な点にも注目したいと思っています。例えば、仕事で絶対的に必要になること言えば、『信用』があります。

仕事は、どんなことであっても信用が全て、と言えるかもしれません。信頼を勝ち得ていくのは時間が必要ですが、信頼を失うのはほんの一瞬のことです。仕事は、そういった信頼関係の上で成り立っていることを意識するなら、名刺を初めとした基本的な事柄に加え、役割を見つけていく必要があります。

名刺を渡すということは自分がそこに属していて責任を取る資格があることを間接的に示すものですから、より良い仕事上での関係を築くためにもそれが必要であり、より多くの人から信頼を得るためにもまずは名刺を作るということとそれを実際に渡すということが第一歩ですから、それに合わせて中身も考えるべきです。

 

名刺は、大切な役割がある

日本のビジネスシーンでは、名刺は、必要不可欠です。名刺を渡して自己紹介をするというのがマナーになっています。私は、飲食店を経営していますが自分の名刺もありますがビジネスでやってきた営業マンにたくさん名刺をいただいています。それらを眺めていると、お洒落な名刺もありますがそれに注目してしまうのも人間の心です。

一番大切なことは、信頼される人というのが第一ですがそれまでに覚えてもらう上でやはり名刺は役立ちます。私もなんどかお客様がタクシーを呼ぶシーンにでくわしましたがタクシー会社が名刺を何人かがおいていったことがありその中から感じの良かった人や印象深い人を選びます。記憶にない場合は、お洒落な名刺を選んでしまう事もあるからです。

覚えていてもらうために名前や会社名、電話番号や住所などが書かれています。必要な時に、確か名刺をもらっていたはずと思いだして仕事をお願いするのです。そう考えるとビジネスをつないでいる糸ともいえます。

 

名刺は社会人に必要なツール

名刺は社会人にとってなくてはならないものだと思います。初めて会う人に自分がどのような人なのかを紹介するのに必要です。初めての人に会うときに名刺交換をすることは社会人にとっては当たり前のことのようになっています。最近では個性的な名刺を作っている人も多くいます。名刺そのものの色がきれいな色であったり、文字色がきれいだととても印象に残ります。

そのほか、最近では形が特異なものもあります。写真などが入っていると後から名刺を見た人が自分のことを思い出しやすいのでよい効果をもたらすと思います。一言メッセージが書いてあるものなども印象的でよいと思います。名刺で人と差をつけて自分をアピールするとよいかもしれません。名刺を自分で印刷して作る人もいますが、業者に委託すると大量に作るときなどは一枚当たりの単価が安くなります。

また、最近ではインターネットを使って名刺制作をすることもできます。自分でデザインを選ぶことができることも多いので便利です。

名刺は絶対的な位置

名刺を交換している写真名刺は古くさい方法でしょうか。いいえ、今でも会社に所属している人などが名刺を持っていることは当たり前のことであり、そのマナーを身につけていることも当然のこと、と思われる方が多いでしょう。
実際に、顔を合わせた時に自分のことを覚えて貰ったり、知って貰うためには名刺を渡すのが一番手っ取り早い方法であると言えます。
名刺は仕事で用いるためだけではなく、それ自体がいわゆる『プロフィール』となって、自分の存在をあらわすものとなるのです。

ですから、名刺づくりに関しては、手を抜かずに行いたい、と思うかもしれません。名刺がどのように作られるか、という点については、たとえばある程度大きな規模の企業の場合、名刺はある程度まとまった人数分を一斉に作ってしまうことが多いでしょう。そうであるとコストも削減できますし、手間も掛かりません。業者にまとめて依頼している場合もあります。

名刺は印刷するのにコストが掛かります。大量に印刷、となるとそれも大きくなりますから、依頼する費用と、名刺の印刷代でかかる費用、どちらの方が大きくなるか、という点について計算できます。よりコストと手間を、抑えることが出来る方法をとるでしょう。

 

会社員に必要なものが名刺

会社員の最低限必要なのは名刺です。名刺と言うのは会社員が自分ことを証明するために取引先の相手に渡すものです。つまり簡単にいうと会社員のもう一つの顔が名刺と言うことです。名刺には会社員の役職や自分の名前、会社名など、自分に属する会社関係のことを記載しています。

最近では名刺のデザインなどはプロのデザインクリエイターなどに依頼することが多いです。私の前の会社もそうしていました。クリエイターにデザインしてもらう場合は意外にも安くて、安いところでは2万円近くでデザインの設定をしてもらうことができます。

今はインターネットなどの時代なのでフリーのクリエイターにデザインを依頼すると意外にももっと安く交渉することも可能です。こういったように名刺は会社員にとってはなくてはならないものなので、きちんと管理することが必要になってきます。特に取引先の名刺などはきちんと整理してなくさないようにしないと相手先の会社に失礼になるので管理はきちんとしましょう。

 

名刺を作成していないと恥ずかしい思いをするかもしれません

社会人になって必要になってくるもの、いろいろありますが、自己紹介などされたときに名刺を渡されて私はその持ってなくて返せなかったときはかなり恥ずかしいです。私も実際に経験があります。その時持ち合わせていなかったとかではなく、作成していなかったのです。本当にその時は顔がまさに赤くなりました。それから私は名刺を持ち歩くようにしています。

名刺といっても普通の名刺で何にも凝っていませんが、最近は凝った名刺なんかもあるようで、会社とかでは使えないかもしれませんが、個人の紹介としてはなかなか面白いと思います。その人の個性が出ていると思います。私はそのような名刺をもらったことがありませんが、一度そのようなユーモアあふれる名刺をもらってみたいと思っています。

友人はゲームアニメ関係の名刺なんかを持っていた気がします。お前には上げないとかなんか言っていたのでもらえる機会はないと思いますが、名刺にもいろいろあり、個性があると思います。

名刺はプロフィール

現代においては、自分のプロフィールを様々なネット上のサービスで公開することが多くなりました。これは、昔の常識から考えれば考えられないことで、今は多くの人が、本来の自分ではなく、ネット上の「自分」として、様々な情報を発信し、様々な主張を行うことができます。個人が個人と繋がっていく、そして点が線になる…そういった社会に私達は住んでいますので、自分のことを表明する機会が増えている、と言えるかもしれません。

しかし、それはあくまでインターネット上のことであり、たとえば私達がどこかの会社に所属していて、自分のことを他社に紹介する時などは、自分が用いるプロフィールは、プライベートで用いるようなプロフィールとは全く異なったものになります。それは良くも悪くも、私達そのものを表している、と言えます。

名刺交換インターネット上で自分のプロフィールを紹介する時は、SNSの昨日やアバターなどに置き換わってそれが公開されますが、仕事上はそういったものを用いません。仕事上で個人情報を交換する最も適切な方法は、『名刺交換』です。このIT化した時代においても、直接交換することのできる名刺は広く用いられており、誰もがそれによって、自分がどのような組織に所属しており、どのような役割を担っているか、という点などをはっきりしておくものとなります。私達はそうすることによって、仕事の多くの人とつながりを持ち、円滑な連絡が行えるようにしています。

 

もしも忘れられてたら…。魅力を引き出す名刺作成。

名刺を渡しているのになかなか自分の事を覚えてもらえない。連絡を頂くことができない。そんな悩みを持つ方は、一度自分の名刺を見直してみてはいかがでしょうか。

名刺は相手に自分のことを覚えてもらう小さなツールのひとつですが、相手にとってはそれが全ての情報になる可能性が大いにあります。通常、今すぐ相手が自分を必要としない場合、名刺は他の名刺の中にうもれていってしまいます。そうなると、自分を必要としてくれるチャンスが来ても、沢山の名刺の中から相手に選んでもらうのは非常に困難になります。しかし、名刺に少し工夫をほどこすだけで、手にしていただく可能性はずっと高くなります。それはデザインや写真、用紙の素材、形などの視覚的なイメージだったり、仕事の内容を記載した文字情報だったりと様々あります。

あなたの名刺は大丈夫ですか。もし不安があるのなら、一度何が足りないのかを見直して、自分の仕事にあった名刺を作成してみてはいかがでしょうか。

 

名刺は顔だからこそ印刷にこだわりたい。

カラフルな印刷、デザインに凝ったもの、いろんな素材、QRコードがついたモノなど、ビジネスの世界で生きていると、それはそれは様々な名刺と出会います。しかし、本当に人に受け入れられる名刺とはどんなものでしょうか。実は、シンプルすぎるほどシンプルなものほど受け入れられるのです。

私が勤めていた会社の社長は、それはそれは名刺にこだわりを持ってらっしゃいました。名刺は会社の顔、だからこそ名刺を変に遊んではいけない。実際に大手企業のトップになればなるほど、名刺は、あまりにもシンプルなものです。日本人だからと縦書きの名刺を拝借した時には、やはり品格のようなものを感じるときもあります。ここで、当時の社長がこだわっていた名刺について何点かお話します。

まずは、情報。情報とは、会社名、氏名、会社の住所、連絡先などです。一番大切なのは氏名なので、氏名は大きく目立つようにします。会社名はできるだけ分かりやすく小さくします。そして、フォント。フォントは明朝体がベスト。行書などにこだわる場合は縦書きにする方が良いです。さらに斜め文字は使わない。ここにこだわりがあります。斜め文字はやはり遊び心につながります。基準は前述したとおり、まじめなモノが良い。紙は、シンプルに白かクリーム色のいわゆる白系ですね。会社の刻印があれば尚品格があがります。会社の顔を汚さないように、良い名刺印刷を心掛けたいですね。