名刺の重要性は変わらない

私達は誰もが特定の会社に属しているわけではないかもしれません。個人経営を行っている方もいれば、そのほかの勤務体系を採っている方もおられるかもしれません。私達はそういった中で自分たちの存在というものをどうにかして確立することによって、自分の仕事に関しても確立していくのと同時に、より多くの人に知って貰おうとします。それはネット上で自分を広めることよりも、何段も難易度が高いことかもしれません。

なぜならそれは、確実に私達自身の名前と立場を用いているものであり、基本的に「偽る」ことのできるネット上のプロフィールとは異なったものだからです。仕事上における、『関係』の作り方は、ネットで作るそれよりも難しいもので、先ほど挙げたように信用を得るのは難しく失うのは簡単なのです。ですから、より自分に関しても、自分の仕事に関しても信頼を持ってもらうように努力する必要があり、そのために私達は名刺という最初の第一歩を踏み出すことが求められています

ネット社会だからこそ、私達の周りとの関係性が掴みかねる時があるかもしれません。このような社会の中であっても、本当の意味で信頼が求められる場面においてはしっかり対応できるようになりたいものです。

最低限記載すること

名刺を作成する時は、最低限情報として記載されている必要がある事柄があります。たとえば、『氏名』や『社名』、『(会社の)住所』、『所属部署』などは最低限記載されている必要がある事柄です。他の要項に関しては、必要に応じて挿入できます。名刺がどのようにして作られるかにもよりますが、私達はそれらを単なるプロフィールを表明するような機会ではなくもっと大事な点にも注目したいと思っています。例えば、仕事で絶対的に必要になること言えば、『信用』があります。

仕事は、どんなことであっても信用が全て、と言えるかもしれません。信頼を勝ち得ていくのは時間が必要ですが、信頼を失うのはほんの一瞬のことです。仕事は、そういった信頼関係の上で成り立っていることを意識するなら、名刺を初めとした基本的な事柄に加え、役割を見つけていく必要があります。

名刺を渡すということは自分がそこに属していて責任を取る資格があることを間接的に示すものですから、より良い仕事上での関係を築くためにもそれが必要であり、より多くの人から信頼を得るためにもまずは名刺を作るということとそれを実際に渡すということが第一歩ですから、それに合わせて中身も考えるべきです。

名刺は絶対的な位置

名刺を交換している写真名刺は古くさい方法でしょうか。
いいえ、今でも会社に所属している人などが名刺を持っていることは当たり前のことであり、そのマナーを身につけていることも当然のこと、と思われる方が多いでしょう。
実際に、顔を合わせた時に自分のことを覚えて貰ったり、知って貰うためには名刺を渡すのが一番手っ取り早い方法であると言えます。
名刺は仕事で用いるためだけではなく、それ自体がいわゆる『プロフィール』となって、自分の存在をあらわすものとなるのです。

ですから、名刺づくりに関しては、手を抜かずに行いたい、と思うかもしれません。名刺がどのように作られるか、という点については、たとえばある程度大きな規模の企業の場合、名刺はある程度まとまった人数分を一斉に作ってしまうことが多いでしょう。そうであるとコストも削減できますし、手間も掛かりません。業者にまとめて依頼している場合もあります。

名刺は印刷するのにコストが掛かります。大量に印刷、となるとそれも大きくなりますから、依頼する費用と、名刺の印刷代でかかる費用、どちらの方が大きくなるか、という点について計算できます。よりコストと手間を、抑えることが出来る方法をとるでしょう。

名刺はプロフィール

現代においては、自分のプロフィールを様々なネット上のサービスで公開することが多くなりました。これは、昔の常識から考えれば考えられないことで、今は多くの人が、本来の自分ではなく、ネット上の「自分」として、様々な情報を発信し、様々な主張を行うことができます。個人が個人と繋がっていく、そして点が線になる…そういった社会に私達は住んでいますので、自分のことを表明する機会が増えている、と言えるかもしれません。

しかし、それはあくまでインターネット上のことであり、たとえば私達がどこかの会社に所属していて、自分のことを他社に紹介する時などは、自分が用いるプロフィールは、プライベートで用いるようなプロフィールとは全く異なったものになります。それは良くも悪くも、私達そのものを表している、と言えます。

インターネット上で自分のプロフィールを紹介する時は、SNSの昨日やアバターなどに置き換わってそれが公開されますが、仕事上はそういったものを用いません。仕事上で個人情報を交換する最も適切な方法は、『名刺交換』です。このIT化した時代においても、直接交換することのできる名刺は広く用いられており、誰もがそれによって、自分がどのような組織に所属しており、どのような役割を担っているか、という点などをはっきりしておくものとなります。私達はそうすることによって、仕事の多くの人とつながりを持ち、円滑な連絡が行えるようにしています。