最低限記載すること

名刺を作成する時は、最低限情報として記載されている必要がある事柄があります。たとえば、『氏名』や『社名』、『(会社の)住所』、『所属部署』などは最低限記載されている必要がある、事柄です。他の要項に関しては、必要に応じて挿入できます。名刺がどのようにして作られるかにもよりますが、私達はそれらを単なるプロフィールを表明するような機会ではなくもっと大事な点にも注目したいと思っています。例えば、仕事で絶対的に必要になること言えば、『信用』があります。

仕事は、どんなことであっても信用が全て、と言えるかもしれません。信頼を勝ち得ていくのは時間が必要ですが、信頼を失うのはほんの一瞬のことです。仕事は、そういった信頼関係の上で成り立っていることを意識するなら、名刺を初めとした基本的な事柄に加え、役割を見つけていく必要があります。

名刺を渡すということは自分がそこに属していて責任を取る資格があることを間接的に示すものですから、より良い仕事上での関係を築くためにもそれが必要であり、より多くの人から信頼を得るためにもまずは名刺を作るということとそれを実際に渡すということが第一歩ですから、それに合わせて中身も考えるべきです。