最低限記載すること

名刺を作成する時は、最低限情報として記載されている必要がある事柄があります。たとえば、『氏名』や『社名』、『(会社の)住所』、『所属部署』などは最低限記載されている必要がある事柄です。他の要項に関しては、必要に応じて挿入できます。

名刺がどのようにして作られるかにもよりますが、私達はそれらを単なるプロフィールを表明するような機会ではなくもっと大事な点にも注目したいと思っています。例えば、仕事で絶対的に必要になること言えば、『信用』があります。

仕事は、どんなことであっても信用が全て、と言えるかもしれません。信頼を勝ち得ていくのは時間が必要ですが、信頼を失うのはほんの一瞬のことです。仕事は、そういった信頼関係の上で成り立っていることを意識するなら、名刺を初めとした基本的な事柄に加え、役割を見つけていく必要があります。

名刺を渡すということは自分がそこに属していて責任を取る資格があることを間接的に示すものですから、より良い仕事上での関係を築くためにもそれが必要であり、より多くの人から信頼を得るためにもまずは名刺を作るということとそれを実際に渡すということが第一歩ですから、それに合わせて中身も考えるべきです。

名刺は、大切な役割がある

日本のビジネスシーンでは、名刺は、必要不可欠です。名刺を渡して自己紹介をするというのがマナーになっています。私は、飲食店を経営していますが自分の名刺もありますがビジネスでやってきた営業マンにたくさん名刺をいただいています。

それらを眺めていると、お洒落な名刺もありますがそれに注目してしまうのも人間の心です。一番大切なことは、信頼される人というのが第一ですがそれまでに覚えてもらう上でやはり名刺は役立ちます。私もなんどかお客様がタクシーを呼ぶシーンにでくわしましたがタクシー会社が名刺を何人かがおいていったことがありその中から感じの良かった人や印象深い人を選びます。

記憶にない場合は、お洒落な名刺を選んでしまう事もあるからです。覚えていてもらうために名前や会社名、電話番号や住所などが書かれています。必要な時に、確か名刺をもらっていたはずと思いだして仕事をお願いするのです。

そう考えるとビジネスをつないでいる糸ともいえます。

名刺は社会人に必要なツール

名刺は社会人にとってなくてはならないものだと思います。

初めて会う人に自分がどのような人なのかを紹介するのに必要です。初めての人に会うときに名刺交換をすることは社会人にとっては当たり前のことのようになっています。最近では個性的な名刺を作っている人も多くいます。

名刺そのものの色がきれいな色であったり、文字色がきれいだととても印象に残ります。そのほか、最近では形が特異なものもあります。写真などが入っていると後から名刺を見た人が自分のことを思い出しやすいのでよい効果をもたらすと思います。

一言メッセージが書いてあるものなども印象的でよいと思います。名刺で人と差をつけて自分をアピールするとよいかもしれません。名刺を自分で印刷して作る人もいますが、業者に委託すると大量に作るときなどは一枚当たりの単価が安くなります。

また、最近ではインターネットを使って名刺制作をすることもできます。自分でデザインを選ぶことができることも多いので便利です。