名刺の重要性は変わらない

私達は誰もが特定の会社に属しているわけではないかもしれません。個人経営を行っている方もいれば、そのほかの勤務体系を採っている方もおられるかもしれません。私達はそういった中で自分たちの存在というものをどうにかして確立することによって、自分の仕事に関しても確立していくのと同時に、より多くの人に知って貰おうとします。それはネット上で自分を広めることよりも、何段も難易度が高いことかもしれません。

名刺なぜならそれは、確実に私達自身の名前と立場を用いているものであり、基本的に「偽る」ことのできるネット上のプロフィールとは異なったものだからです。仕事上における、『関係』の作り方は、ネットで作るそれよりも難しいもので、先ほど挙げたように信用を得るのは難しく失うのは簡単なのです。ですから、より自分に関しても、自分の仕事に関しても信頼を持ってもらうように努力する必要があり、そのために私達は名刺という最初の第一歩を踏み出すことが求められています

ネット社会だからこそ、私達の周りとの関係性が掴みかねる時があるかもしれません。このような社会の中であっても、本当の意味で信頼が求められる場面においてはしっかり対応できるようになりたいものです。

 

デジタル化する現代において名刺が生き続ける理由

猫も杓子もデジタル化を叫ぶ現代、不思議なことに、名刺はいつまで経っても無くなりません。勿論、スマートフォンで撮影しデータ化するなど、その周辺でデジタル化の一端を垣間見る機会は確かにあります。ですが、そのものが消え去る気配は一向に感じません。寧ろ、やれ飛び込み営業だ、やれ挨拶周りだ、と、その存在を忘れる日は無いほどです。

今や書籍までもが一つの電子機器の中に詰まっている時代、何故その勢力は衰えないのでしょうか。デジタルでは生み出すことのできない魅力、それはとにかく相手に渡すことができるという一面です。自分を覚えてもらう、思い出してもらうという目的を持っている以上、そのアナログさは最大の武器になります。

小さな四角いたった1枚の紙に、自分という人間が詰まっているのですから。いつの時代も、人間の記憶とは曖昧なものです。しかし、何気ない1枚が出会いを、人を思い出させ、新たなチャンスが生まれるというのは、そう珍しい話ではありません。それだけ無限に秘めた可能性が、まだデジタルに脅かされることのない領域を保っているのではないでしょうか。

今日まで、長年ありとあらゆる場面で用いられてきた名刺。見た目然り、内容然り、昨今の多種多様さには驚くばかりですが、こんなものは恐らく序の口なのでしょう。ワクワクするほどの成長の余地。今後もまだまだ、ビジネスと切り離すことはできそうもないツールです。

 

名刺はなにをつかうのか。

名刺と聞くと自己紹介の時に使う単なる紙切れだと思う方が多いと思いますが、直接会って顔を合わせる場面での名刺と言えばとても大切になってくるのだ。なぜなら最近の日本は学歴がだんだんと関係なくなりつつなっているからだ。何でもありな時代だからである。そんなときに使えるものこそが名刺。なぜならデザインや髪質などで自分を表現することも不可能ではないからだ。

実際に名刺にインパクトを与えるようなものがあるとほとんどの可能性で名前を覚えてもらうことも可能である。うまく行けば面白いというだけで就職の内定をもらうことだってあるのである。

実際に社会の場でもらう名刺でも有名人やモデルは自分なりに考えた名刺を持っている人が多いし、実際に自分も雑誌などに一時期バンバン出ていたトップモデルから名刺をいただいたことがあるがギラギラしたピンクの名刺だったことを覚えている。そう考えれば名刺も自分を尊重するための武器になるのだ。それを覚えておくとよいと思う。